税理士法人Y-TAC

古川会計事務所は

TKC全国会会員です。

TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

 東京地方税理士会所属 

TKCコンテンツのご案内
メールはこちら
お電話はこちら

システム構築

 私たちは、必要な管理資料を最も効率的に作成できる経理システムをご提案します。

税務会計の領域にもAIシステムがかなり普及してきました。

電子申告、電子帳簿保存、クラウド、Fintech、マイナンバー、ネット・バンキング、領収書等のスキャナー保存など、従来のそろばん・電卓での経理事務から大きく業務内容が変わりました。これからの経理は、これらのITを活用し「内部不正を牽制する」「外部報告用の決算書を作る」といった従来の目的の他に、「自社の経営管理に役立てるための資料」としても重要な意味を持つようになりました。

当事務所には、ITコーディネータやネットワークスペシャリストなどの資格をもつスタッフがおり、特に「財務管理」や「人事給与」等の経理システムの導入・運用支援では豊富な体験を有しています。私たちはAIを使った経理改善(改革)もご指導いたします。

私たちは開業以来30年以上、継続してTKC社の財務会計(自計化)システムを利用し、お客様の計数管理資料作成をご支援してきました。

自計化システムとは、外部コンサルタントに頼らず、「社で数管理できるようにける」ためのシステムのことです。

ただ、出納帳や損益計算書・貸借対照表を作成するだけなら、どこの市販ソフトでも大差ありませんが、「自社の計数管理のために必要な資料を効率的に作成する」ためには、そのノウハウを初めから組み込んだシステムと、その操作・運用に精通したプロのアドバイスが必要となります

私たちは、豊富な経験と実績に基づき、お客様に最も適した経理システムの導入・設定・運用をご指導いたします。

 財務会計と管理会計を一元データで両立させるTKCシステムをご提案します。